工房は一畳半

JIGA(日本痛グラス協会)代表のブログです。ガラスエングレービング(電動工具でのガラス彫刻)の日々

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーサ9柱ほっこり娘?

2010.04.16 (Fri)
m1.jpgm2.jpgm3.jpg


粘土ですごくかわいらしい仏像を作ってらっしゃる方のブログを拝見して、こんなの自分も作ってみたいと思った瞬間、手持ちの紙粘土で作り始めました。
大きさは7センチ位。小さいです。
元ネタとなった石棺の像はこちら↓
ムーサの石棺(wikimedia)


とりあえず感じたことは、「軽量紙粘土は人形作りには向いていない」ってことでした。
軽量紙粘土は乾燥すると発泡スチロールなみに軽くなるのですが、モロモロするので薄く延ばしたりするのがかなり難しいようです。
でも軽くて割れにくいのは助かります。


またこれと並行してワイヤーをいじっていたのですが、夢中になりすぎて爪と指の肉との間に何度もワイヤーを刺してしまい流血するというアクシデント(?)もありました。
その時は脳内麻薬ゆんゆんだったせいで、血が出ていても「これじゃ粘土触れないじゃんか!」とそのまま薄いゴム手袋はめて作業してました。
その代わり作業が一段落して脳内麻薬が切れた時に地獄を見ましたが……「爪はがし」が拷問になるだけのことはあります。


そんなこんなで予定より遅れてしまいましたが9体完成。
あとは完全に乾燥させてひび割れなどチェック・補修してからニス塗ったらおわりです。
色付けはなし、元ネタが色なしなので何色ぬったらいいかわからないので。


もともとシルバークレイをするにあたって粘土スキルの底力を上げるために始めた樹脂粘土でしたが、それがいつの間にか紙粘土で女神像作ってたりと、まったくもって当初の予想外ばかりのことしています。
でも脳内麻薬でるほど夢中になったのは久しぶりで新鮮でした。

そしてこれが、私の紙粘土人形熱に火をつけてしまい、うみねこの人形を作るという無謀なことに挑戦するきっかけとなってしまいました。
スポンサーサイト

三角関係か?

2010.04.16 (Fri)
nendo3.jpg


近頃の私はどうも変な感じです。
15年以上工芸・手芸に縁のなかった私が始終粘土に没頭するのはもちろん、好きでもなかったワインを呑みたがったりと趣向も今までの自分と少し路線が違ってます。
西洋人の霊にでもとりつかれているのか?って感じですが、米最高ってところは変わってません。

というわけで製作途中の粘土たち。

ベアトリーチェにニスを塗りました。
手持ちのニスが樹脂粘土の指輪用に用意したスーパーシャイニングつやありニスだったのでそれを塗ってみたら、なんか紙粘土というより陶器の人形みたいにテッカテカになりました。
100均とかに売ってそうです。
もうどうにでもな~れ!!
大きさ的にちょっと大きすぎるチェスのコマって感じにもできるので、他の人形たちができたらチェス盤作って並べてみたら面白そうです。
メタ世界での頭脳戦を再現??

そして右代宮戦人(バトラ)と古戸ヱリカの人形。
当初の予定通り、バトラに首輪つけさせてベアトにひかせるっていうのを試しにやってみました。
首輪用に用意したカードリングがでかすぎて使えなかったので(人形が小さすぎ)、自分で糸を編んだ鎖もどきで代用。
ついでにヱリカにもバトラの首輪をひかせられるように、ゲームの立ち絵とは変えて「ただ碑文がそこに存在するだけで。古戸ヱリカはこの程度の推理が可能です。如何でしょうか? 皆様方」のシーンっぽいポーズに変更。

バトラ製作はテンション上がりませんが、ヱリカの製作は楽しいです(ごてごてした衣装が難易度高いですが)。

この二体の乾燥待ちの間にエヴァ・ベアトリーチェの製作も開始してみました。
といってもこれままだただの塊ですが。


いつかベアトリーチェ人形はスキルアップしたら作り直したいです。

紙粘土でベアトリーチェ

2010.04.16 (Fri)
ベアトリーチェ


紙粘土で「うみねこのなく頃に」のベアトリーチェ人形を作ってみました。
先日、紙粘土でちび女神を作った時のあまりの粘土をもそもそいじっていたらいつのまにか作ってました。
モデルは原作ゲームの立ち絵なので頭が大き目なのがデフォなのですが、それでもやっぱり頭大き目になってしまいました。
軽量紙粘土も上手な人がすれば立派なフィギュアも作れそうです。
私はイライラしつつの悪戦苦闘です。
ど素人の自分自身にハイスペックを求めちゃいかん!と自分を励ましつつの制作となりました(笑)

さてさて、言い訳し始めると延々と言いそうなので、言い訳は一言だけ。
初めて作った人形なのだから仕方ないよねこのクオリティでも!



画像は大きさ比較として、もらい物のエヴァライター(でもエヴァ知らないのでこの人物が何なのかさっぱりわかりません。でも火をつけると「覚醒」という文字が浮かび出てくるのでそれは面白いです)と。
ほぼ


魔法のケーン代わりの煙管は取り外し可能。
写真でみたらずり落ちかけですね……一応ちゃんとのっけることはできます。
これは竹串で作りました。
最初の予定では、戦人の人形もつくってそいつに首輪はめて鎖の先をベアトに持たせたらEP2再現っぽくてよくね?というところから取り外し可能の煙管にしたんですが……
このクオリティで戦人作るとしたらさらに爆死しそうです。

現在はバトラとヱリカを制作中。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。