工房は一畳半

JIGA(日本痛グラス協会)代表のブログです。ガラスエングレービング(電動工具でのガラス彫刻)の日々

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛グラスを彫り始めた経緯

2011.04.08 (Fri)
↓↓私が痛グラスを彫り始めた経緯↓↓

2010年1月
「銀粘土の仕上げしんどい、ミニルーター使おう」
シルバークレイ用にミニルーター購入
(それまではシルバークレイでオカルティックなものを作って遊んでいた)

2010年6月ごろ
「ミニルーターってガラスも彫れるの?なにこれ面白い」
一時はルーター抱えたまま寝落ちするような堕落した生活をする。
このころ、石英烏さんの「痛グラス」という世界に触れる
(注:本当は「痛ガラス」だったのを「痛グラス」と誤認してしまいこのタグを乱発する)

2010年8月ごろ
「これ〝グラスリッツェン”っていうの?ぐぐったら本物の手彫りグラスリッツェンぱねぇww」
それまでの線彫りで満足できず、本物のグラスリッツェンのような濃淡のある図案を彫りたくなる。
でも「ミニルーターでのガラス彫刻」のやり方が見つけられず。
「でも原理は同じなんだからミニルーターでも似たようなことできるんじゃね?」
と思いこむ。
さらに海外の方がyoutubeで精密なハンドグラヴィールをしているのを見て、なぜか
「やっぱり自分にもできるんじゃね?」
と思いこむ。
勢いでニコ動にも投稿を始める。


以後、濃淡や深みを出す方法を探して施行錯誤中
ちなみに現在の彫り方はすべて自分で考えた自己流。

↑↑↑

私がグラス彫り始めたころは「グラスリッツェン」とか「痛グラス」という単語はかなりマイナーでしたが、最近は若干認知度もあがったみたいです。
加えて生放送を始めてからは私の動画見て彫り始めたという方とも知り合うことができて本当にうp主冥利につきます。

もっともっとこのジャンルの層が厚くなって欲しい!
みんなも痛グラス彫ろうず!!




クリックしていただけると励みになります

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ グラスアートへ

スポンサーサイト

コメント

「痛ガラス」は、板ガラスにかけて勝手に作った言葉ですが、今は「痛グラス」が優勢ですね。
グラス彫刻の裾野を広げていただいて感謝しております。
まだ始めてから一年たってなかったのね
やっぱりネ申だったか・・・・
>石英烏さん
私が投稿する前はニコ動のタグも「痛ガラス」のほうが多かったような気がします。
誤認・タグ乱発すみません

>2011/04/09 09:12の方
そうなんです。
初心者なんですよ私は。

>domino技術部さん
ネ申のクオリティではないですこれ。
でもありがとうございます。
何故か泣けてきました
妙見さんの彫りかたは自己流とはぱないです
Re: 何故か泣けてきました
> 妙見さんの彫りかたは自己流とはぱないです

な、泣けますか??
よくわかりませんが、ありがとうございます。
これからも精進します。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。