FC2ブログ

工房は一畳半

JIGA(日本痛グラス協会)代表のブログです。ガラスエングレービング(電動工具でのガラス彫刻)の日々

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自分絵】着物のうさぎをほってみた【グラスリッツェン】

2011.11.23 (Wed)



自分の絵でグラスを彫ってみました。

といっても浮世絵を参考に兎を描いただけですが。
獣頭人身は中国や朝鮮半島の古墳から出土する十二支の俑を知って以来、いつかやってみたいスタイルだったので今回やってみました。
浮世絵でも頭が兎や猫で体が人間の人物も描かれてますし、古典的な図案でもあります。
また「着物の女性」はガラス彫刻家のZoltan Viczan氏が着物の女性のお皿を製作されていて、それがまた素晴らしかったので影響されました。

今回、久しぶりに絵を描いたこともありますが、自分で一から絵を描くことのむずかしさを実感しました。
今まで私はこの作業をせず、他の方が手間暇かけて描いた絵をただ写してただけなんだと思うと情けなさも倍増です。

今まで人の絵を勝手に使ってガラス彫ってドヤ顔してましたが、今後は基本的に控えます。
絵から自分で描くのはとても手間がかかることが今回よくわかりましたが、それでも他人の絵を勝手に使ったものはどうあがいても作品とは言えないし、そういったものは結局ゴミとして処分するしかないので。
今まで作ったものをいくつか再利用不可能な状態に破壊して処分しました。すっきりしました。

自分の絵を使うとなると最初の段階から残念なクオリティになってしまいますが、それはそれで仕方ないと割り切ります。
今後はこの方向でいくつりもです。



クリックしていただけると励みになります
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ グラスアートへ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。