工房は一畳半

JIGA(日本痛グラス協会)代表のブログです。ガラスエングレービング(電動工具でのガラス彫刻)の日々

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Fate/EXTRA】赤セイバーをガラスに彫ってみた【ガラスエングレービング】

2012.02.11 (Sat)
被せガラスの習作として、赤セイバーをに彫ってみました。



練習用の被せガラス(きせグラス)に彫りました。
普通のガラスよりも深めに彫らないと白くならないのでちょっとだけ手間はかかりますが、異なる色でグラデーションが作れるのが楽しいです。
彫り方についてはもはや動画で語ることはありませんのでカットしまくって2分ちょっとにおさめました。
青セイバーも好きですが赤セイバーも多分好きです(EXTRAしたことありませんが)

そして動画作りにめちゃくちゃ手こずってしまいました。
生放送の録画データの設定間違ってたのを編集終わってから気がついて泣く泣くやり直し・・・orz

また最近ガラス彫りが増えてきたようで大変嬉しいです。
私がやり始めたころはまだまだ少人数のマイナー分野でしたが、今後はもっとメジャーな分野になっていくんじゃないかと期待しています。

ただ、人が増えてきた分いろんな意見や情報も増えてきました。
なのであらかじめ誤解を防ぐために明言しておきます。

電動工具で濃淡のある彫刻をインターネット上で作品・過程を公開したのは日本では(おそらく)私が初めてです。
(もし私以前にこのような方がいらっしゃった場合はどうかお知らせください)
私がはじめるまでは、ネット上でも書籍でも、電動工具での濃淡彫刻方法に関する情報は一般に手に入る状態ではありませんでした。
ですので、現在の私の彫刻技術は自ら考案したものであると明言します。

おそらく他人からみたら「それがどうした」という話でしょうが、私自身の技術を誰かの真似だと誤解されることは私にとってはとても残念なことなのでご理解お願いいたします。


クリックしていただけると励みになります
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ グラスアートへ
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。