FC2ブログ

工房は一畳半

JIGA(日本痛グラス協会)代表のブログです。ガラスエングレービング(電動工具でのガラス彫刻)の日々

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたとフュージョンしたい

2010.06.14 (Mon)
たまには占い師というかオカルティックなことでもしようかと。
「ピュタゴラスの宇宙図」のプラパン
16世紀の『神の創造の業あるいは仮説の宇宙』にある新プラトン主義的世界観を表した図形です。

焼く前
前
B5よりふたまわりほど小さい

焼いた後
後

一度目は失敗。二度目がこれ。
歪んだ……レトロな感じがするというか、なんか戦火潜り抜けたメダイのような状態に。

この「ピュタゴラスの宇宙図」は、強引に例えるなら、鋼の錬金術師とかアクエリオンでもおなじみのカバラ思想に基づく「生命の樹」のピュタゴリアンバージョン。
典型的な世界三層構造と「神の流出」を表す円形や長方形の形、また振り分けられた数字。
描きうつすだけでもけっこう勉強になりました(じっくりみたの初めてかも)
ピュタゴラスは本来キリスト教ができるずっと前の人なので間違ってもキリスト教に関係のある人物ではなかったのですが、彼を一神教信者であると解釈することでキリスト教の世界観にピュタゴラス像が溶け込んでいったようです。
新プラトン主義ではピュタゴラスは人々を導くために神から送られた魂であるとして半分神様扱いです。
一億年は無理としても二千年前から愛されすぎピュタゴラスw

この神からの流出の図をみて思い出したのは
「神にすべてをゆだねた者にとっては神が神自身であるようにその者自身が神なのである(wikiより“神の慰め”)」
であるから、
つまりまぁ、この「ピュタゴラスの宇宙図」の世界観・宇宙観の目的とういのは平たく言えば
「あなたと合体したい」
ってことか。


スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。